CALCIO馬鹿のたわ言。

forzamilan.exblog.jp ブログトップ

タグ:inzaghi ( 5 ) タグの人気記事

意外なオファー

来日予定だったカターニアが「放射能イヤ」と来日をキャンセルしたようです。
気持ちはわからんでもないが・・・情報が正確に伝わっておりませんなぁ。

さて、数日前から色んなところで騒いでおりましたが、ピッポにニューヨークからオファーが来ていたらしい。
が、無下に断ったと(笑)。
とりあえずネタとして拾っておきます。

以下、channel4より。


「ニューヨークからとても興味深いオファーを受け取ったんだ。あそこは素晴らしい街だしイタリア人もたくさん住んでるしね。それにデヴィッド・ベッカムのいるLAギャラクシーと対戦する可能性だってあるし。僕にとってとても魅力的なオファーだったのは確かだね。だけど僕は一瞬も迷わなかった。僕はミランのユニフォームでキャリアを終えるつもりだし、もう2枚目の皮膚みたいなものなんだ。このユニフォームを着るということは、名誉でもあり特権でもある。アドリアーノ・ガッリアーニは僕を必要としてくれているし、僕がユーヴェにいた時も擁護してくれた。このクラブとは本当に特別な関係なんだよ。」
  
[PR]
by sola_calcio | 2007-07-25 22:18 | NOTIZIE

マルタ島はいいところ

3日からマルタでトレーニングを開始した赤黒さんですが、昨日のエントリにも書いたように現地では本当に熱烈な歓迎ぶりのようで、3日のトレーニングには約300人のファンが詰め掛けた模様。
9日にフレンドリーマッチを行うBirkirkara(何て読むんだ)の会長さんも喜んでくれているらしく、「ミランのようなクラブが冬のトレーニングキャンプの地にマルタを選んでくれて光栄だ」というようなことを仰っています。
公式サイトではマルタ到着時の写真をアップしてくれていたり、本来なら赤黒の公式サイトがやるべきことまでやってくれていてこっちまで嬉しくなってきます。
腐ってもミランと言うか、ここまで喜んでくれてるんだから恥ずかしい試合はできないよね。

Birkirkaraの公式サイトはこちら。⇒www.birkirkarafc.com


マル様;
「マルタでのトレーニングは僕たちにとってとても重要なものなんだ。前回カルロ・アンチェロッティとここに来た年はチャンピョンズ・リーグを制覇した。もしそれを繰り返すことができれば冬は毎年ここに来ないといけなくなるだろうね。今もマルタは全てに於いて重要なポイントだ。肉体的にも戦術的にも本来の調子を取り戻すことができるかどうか、ここでのトレーニングにかかっている訳だからね。
僕の引退? それについては取り消す可能性もあるけど、これからの6ヶ月の様子を見てから判断することになるだろうね。シーズンが終わった時に引退するかどうか、それは全ての選手にとって判断が難しい問題だと思う。今はとても調子が良いし筋肉のトラブルも大したことはない。コンディションは100%だよ。今シーズンで引退するかどうかは6月になってから決めるつもりだ
カッサーノの件については判断を下すのが難しい。僕は代表チームでも彼と一緒にプレイしたことがないからね。いずれにせよ、新しくクラブに加入した選手が上手く馴染めるかどうかは本人の行動次第だよ。僕たちのロッカールームは一体感があって堅く結束している。ベテランが他の選手達よりも力を持ってるなんてこともないしね。」

セードルフ;
「空港に降り立ってファンのみんなの歓迎ぶりを見た時、僕が他の選手に最初に言ったのは『ここのファンをミラノの連れて帰ろう』という言葉だった。クルヴァに加えたらいいんじゃないかな。ここで起きていること全てが嬉しいよ。カンピオナートについてはインテルが間違いなく強い。でも今シーズンは他のシーズンとは状況が違う。僕の考えではミランだってすぐに競争力を取り戻す。ここでは素晴らしい熱意を感じることができるし、良いトレーニングができると思う。」

ピッポ;
「新年の抱負? チャンピョンズ・リーグを制覇して、クラブワールドカップにも勝てたらいいね。僕たちは団結したチームだしそれがあればどんなものだって勝ち取ることができる。ミランはヨーロッパ、そして世界を征したいと望んでいる友人たちの集まりなんだよ。土曜日の試合(ベルル杯)はただのフレンドリーマッチじゃない。この試合はユーヴェ相手に戦うことができる今シーズン唯一の機会だ。彼らは間違いなく強豪だし彼らがセリエAにいないのは寂しいね。素晴らしい試合になると思うよ。ゴールと共に今年を始めることができたら最高だね。
みんなの年齢が上がると共にチームは成熟している。それに僕はゴールを決めることだけに執着してる訳じゃない(嘘つけ)。もし点が取れなかったとしても僕は落胆しないようにしてる。僕はここで多くのことを経験しているし、パオロ・マルディーニやアレッサンドロ・コスタクルタのようにチームにとって有用な存在になりたい。この2人のカンピオーネからは本当にたくさんのことを学んでるよ。」
   
[PR]
by sola_calcio | 2007-01-04 22:44 | INTERVISTA

アンデルレヒト戦後のコメント

リッキー;
「カルロ・アンチェロッティと僕の間には特別な関係がある。ゴールを決めた後は本当に彼をハグしたくなったよ(笑)。今夜の試合で3ポイントを獲得できたというのは重要なことだけど、多くの面でまだまだ改善の必要があるということを忘れちゃいけない。その為の努力は常にしないとね。
僕はまだリーダーとは言えないし、経験豊かなパオロ・マルディーニやビリー・コスタクルタ、ジェンナーロ・ガットゥーゾといった選手たちから多くのことを学んでいるところだ。いつか僕も彼らのようになりたいという希望はあるけど、僕はまだ若いし勉強することはまだまだある。試合の上で問題を解決して向上し続ける為には何をしたらいいのか、それを知っている人に意見を聞くつもりなんだ。
僕は常に前を見つめることにしてるけど、今日の試合はブリュージュ戦を思い出したよ。同じように10人でのプレーを強いられてゴールを決めた。みんながあの日の試合を思い出してたんじゃないかな。キーパーの前で軌道が変わるように少し変化をつけて打ったんだけど、良いシュートが打てた。前半はシャープさがなくて動きの無い展開だったけど、後半はそれを踏まえた上で勝利に相応しい戦いができたよ。」

ピッポ;
「結果には本当に満足してるよ。10人になってしまって状況は厳しくなったけど、重要なのは3ポイントを持ち帰ってきたということ。今はカンピオナートに集中しないといけない。僕たちは少しでも多くのポイントを稼がないといけないからね。マレクは今夜とても良いプレーをしていたけど、彼は試合に出た時はいつだって良くやってるよ。プレーする度に良くなっていってる。彼とは動きが噛み合ってるんだ。自分が得点できなかったのは残念だったけど、大切なのはチームの勝利。
ブリュッセルの空港に到着した時、たくさんの人たちが暖かく迎えてくれた。僕は怪我の治療で長い間ベルギーにいたしみんながサポートしてくれた。僕たちは今シーズン、チャンピョンズ・リーグの準備をする時間があまり無かった。代価を支払ったせいでいつもより厳しい状況だ。でも僕たちは買った。ヨーロッパの舞台で3ポイントを持ち帰る為には、常に良い試合をしないといけないんだ。」

リーノ;
「この勝利は誇りに思うよ。今夜は俺はキャプテンマークを巻いてたんだ。ここしばらくずっと引き分けが続いてたし、それを打開することができて本当に嬉しいよ。だけどペナルティが無くなればカンピオナートも違った見方をすることができる。まあでもそれはいい。前を見ないと。俺たちが強いグループだってことは確認したからな。
今夜の試合ではブリュージュ戦を思い出したね。リッキーが結果を打開してくれてハッピーだよ。多くのカンピオーネが作り上げてきたミランのユニフォームを着ると他の場所なんか見えなくなる。ファンにもう一度言いたい。俺はここに残る。残らなきゃいけないんだ。少なくとも、ミランが俺を蹴り出したりしない限りはね・・・。」

狸さん;
「前半は多くのミスがあった。攻撃よりも守備のことを考えなければならなかった。しかしそこからは上手くペースを取り戻した。我々のチームは常にこういったスピリットを持っている。難しい状況になってもそれに打ち勝つことができるし、これをこういうプレーを続けないといけない。
10人でのプレーはいつだって難しいものだ。しかしそれによって相手は多くのスペースを作り、彼らにとってカカの存在がより危険なものになった。ヤンクロフスキーは素晴らしい働きをしてくれたと思う。彼がマッチアップしていた相手はアンデルレヒトの中で最も危険な選手だったにも関わらず、何度も攻撃に参加していた。ミランには困難に打ち勝つ為の精神がある。彼らはそれをやってくれた。」
   
[PR]
by sola_calcio | 2006-10-18 22:52 | INTERVISTA

サンプドリア戦後のコメント

ちょっと時間があるのでコメントを拾っておきます。


長官;
「僕達はPKを与えられるべきだった。奇妙な試合だったよ。後半は僕たちが支配してたんだけどね。僕たちと対戦するチームは多かれ少なかれディフェンスに重点を置いて、そこからカウンター攻撃を仕掛けてくる。これはイタリアじゃどのチームもすることだし、すこし残念な戦術でもある。僕たちはよくやったと思う。チャンピョンズ・リーグでもこのフィジカルコンディションを維持できればいいね。昨シーズンも序盤は同じような状況だった。それをどうにか打開してリーグタイトルに手が届く寸前までいった。今シーズンもそれを繰り返すことができるはずだ。」

カハ;
「僕のゴールが腕に当たって入ったのかどうかは解らないけど、そうだったとしても決して故意でやったわけじゃない。結果は引き分けだけどそれ以上の結果を得るに相応しい試合だったと思う。僕はセンターバックとしても力を発揮できることを示した。この後の試合でセンターバックのポジションに戻ることができるはずだよ。」

ピッポ;
「カステラッツィは全てのシュートを防いでいた。もし僕たちがこういったプレーを続けることができたら問題なんて無いよ。ゴールキーパーはピッチの選手たちの中で一番素晴らしい働きをした。でも僕たちは勝利の法則を取り戻すことができると思う。すぐに勝つ為のスピリットを取り戻してティフォジのみんなにそれを示すことができるはずだよ。ジラルディーノのことはそっとしておいてやってよ。」
   
[PR]
by sola_calcio | 2006-10-15 14:27 | INTERVISTA

AEK戦後のコメント

至極気分が良いのでいきなりで何ですがAEK戦後のみんなのコメントを。
試合のラインナップ等は旧ブログを見てね。

【CL #1】 MILAN - AEK ATENE


リッキー;
「グルキュフはとてもよくやったね。彼には才能もあるしとても頭が良い。今夜は僕たち自身本当に楽しんでプレーすることができたよ。こういう選手たちがいてくれたら新しいサイクルを始めることができるし、今シーズンを素晴らしいものにするためにはローテーションも間違いなく必要だよ。新しい選手たちの加入は僕たちにとってとても重要なことだったんだ。チャンピョンズ・リーグは全員にとって特別な大会だし、カンピオナートでは8ポイントのマイナスを取り戻さないといけないからね。でもその分刺激はあるよ。
僕たちの最初のゴールが決まるまではAEKにもいくつかチャンスがあったね。だけどみんな調子が良かったしフィジカルコンディションもほぼベストと言っていいんじゃないかな。今シーズンも良い試合ができると思うよ。
僕がこのチームのリーダー? そうなる為の準備はできてるよ。ミランでその役割を務めるのはとても重要なこと。少しずつ自分の力を示していきたいと思ってる。このクラブの象徴になりたいんだ。」

ヨアン;
「チャンピョンズ・リーグのデビュー戦でゴールできるなんて最高の気分だし嬉しいよ。ピッチでは良く動けてたと思うしカカとはすぐにお互いの動きを理解することができたんだ。彼にたくさんパスを出したし、彼のクロスのおかげで得点することができた。本当にまたプレーしたいと望んでるし僕に何ができるかを示すチャンスはまた来るだろうね。」

ピッポ;
「このポジションでプレーすることは僕にとって本当に幸せなこと。みんなが僕が得点する助けをしてくれるんだから。今はフィジカルコンディションも良いしこれはとても大切なことだね。全てが上手くいってるよ。僕はずっとミランにいるよ。引退する時になると(ヨーロッパの大会で55得点という)僕のゴール数が重要になるだろうけど、今はとにかくこの素晴らしいティフォジの前でロッソネリと共に勝ち続けることが僕の望みだ。」

オリベイラ;
「このチームはとても質が高いし、こういうチームメイトたちとのプレーは本当に楽しいよ。カカのような選手がいるとそう簡単には負けないけど、もっと厳しい結果になる可能性だってあった。僕たちはとても重要な試合に勝つことができたと思う。フィジカルコンディションはまだ上がる可能性もある。でも週末までにまたトップフォームに戻さないといけないね。それを続けていれば良いプレーができてゴールもたくさん取れると思うよ。」

ダリオさん;
「センターバックでプレーできて嬉しかったよ。僕は本当にこのポジションが好きなんだ。ミランでプレーする以上、僕たちは常に勝利を考えないといけない。若い選手たちも入ってきたし、ローテーションも上手く行きそうだ。でも彼らもそれに対して不満を持つようなこともない。考え方が浸透してるよ。今夜はキーパーからフォワードの選手まで全員が本当に良いプレーをした。ラツィオ戦より正確なプレーができたよ。」

セードルフ;
「アンチェロッティは僕たち全員に対する信頼を示した上で、可能な限りベストに近いチームを作ったんだ。グルキュフの活躍は僕も嬉しいしチームの勝利に満足してる。ヨアンは若くて才能に溢れてる。色々な仕事ができると思うよ。僕たちのことを今シーズンの長い道のりが待っていて、みんなが勝利を望んでるんだ。」

狸さん;
「ローテーションを上手く回したいと考えていたのでこの状況には満足している。何名かの選手をオーバーワークさせたくないし、良いコンディションの選手を使わないのは惜しいからね。全てがうまくいって私も喜んでいるところだ。これは重要な武器になる。我々には完璧なグループを作ってくれる選手たちがいる。例えばブロッキのようにいくつものポジションをこなせるミッドフィルダーは本当に重宝だ。
我々は夏に起こった様々なことに打ち勝って勝利への渇望はますます大きくなった。これまでよりも良いシーズンにしたいと思っている。ラツィオ戦ではいくつかの問題点があったが、それもカバーできたしチームとしての信頼感も高まった。グルキュフは良いタイミングで点を取って自分の力を示した。ボネーラもすぐにプレーすることになるだろう。新加入の選手たちもチームによく馴染んでいると思う。グルキュフの獲得には本当に満足している。彼は信頼できる選手だし素晴らしいポテンシャルを持っている。」

タソッティ;
「今夜のゲームは素晴らしかった。チームは間違いなく向上している。選手たちのパフォーマンスには本当に満足している。ミランは正解を導き出した。そしてそれが正に我々の求めていたものだ。グルキュフは我々にとって非常に重要な選手になるだろうし、彼には注目すべきだろう。オリベイラはカカとのコニュニケーションが良く取れている。動きも多いしパスも正確に見極めている。しばらくピッチを離れていた彼にとって必要なことはとにかくプレーすることだ。
パオロはここ数日の間に2試合をこなしたが、数日もすればトップコンディションの彼を見ることができるだろう。我々のチームには多くの優秀な選手がいて、それが選手たちのモチベーションにもつながっている。全ての選手を信頼できて、選択の贅沢を味わえるのは本当に嬉しいことだ。」
   
[PR]
by sola_calcio | 2006-09-15 22:35 | INTERVISTA
line

再び開店休業。生存確認はTwitterで。


by sola_calcio
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30