CALCIO馬鹿のたわ言。

forzamilan.exblog.jp ブログトップ

タグ:gilardino ( 6 ) タグの人気記事

君ならできる、はず

昨年の夏、ミランがセリエBに降格する可能性の方が高かった時期、ジラはいの一番に「何があってもミランに残る」と言ってくれた。
(恐らくリーノよりも早かった、はず。)
個人的には、それだけで十分ミランに相応しい選手だと思ってます、
但し、それは“人間”として。

ジラはイイ子ちゃんすぎるのだ。
イイ子ちゃんでいようとしているのか本当にイイ子なのかは判らないけど。

      「ボクってこんなにイイ子なんだ。
        だからファンのみんなもクラブのみんなも愛してくれて当然だよね。」


ジラはそんなオーラを発しているように感じる。
多分これは作為的にやっていることではなく、天然なんだと思う。
ジラがどんな家庭環境で育ったかはよく分からないけど、きっと“愛されるのが当然”と思えるような環境の中で育ってきたんじゃないだろうか。

しかしジラ、悲しいかな君はストライカーなんだよ。
ストライカーは無償の愛なんて求めても無駄だ。
いや、むしろそんなもの求めてはいけない人種だ。
クラブとファンがストライカーに求めているのは、点を取ってクラブを勝利に導くことだけ。
それさえやってくれれば女遊びが激しかろうと隠し子が何人いようと不倫しようとドラッグに手を出・・・しちゃいけないけど、プライベートでどんなことをしてたってお構いなしだ。
悪徳カメラマンにハメられたからって何だ。
はっきり言ってそんなことどうだっていい。
(選手に品格を求めるミランなのでクラブにとっては表沙汰にはなって欲しくなかっただろうけど。)
ファンが、クラブが君に求めているのは何よりも点を取ることなんだよ。

すぐ隣に格好のお手本がいるのに何故それに気付かない。
ピッポが何故こんなにも愛されるのか。
それは何よりもピッポ自身がカルチョを愛し、ゴールを愛しているから(恐らくミランよりも)。
今のジラはそのあたりの気迫と言うか、そういうのが感じられない。
まあ、ピッポと比べるのは酷だけど。

ジラがパルマで王様でいられたのはモルフェオに拠ることろが大きかった、と思う。
パルマでのジラは前線で完全に孤立して1人で戦っていた。
その分中盤、特にモルフェオから出るパスはジラが扱いやすいように、好きな形でトラップできるように計算し尽された優しいパスだった。
しかし、ミランで自然とパスを受けることが多くなるリッキーとセードルフのパスはいつだって命令形だ。
「さあ、好きなように料理してみろ」と言わんばかりの。
それでも、リッキーがシェバに出していたパスに比べれば優しいもんだけど。
今のジラはそういうパスを処理できるレベルにない。
実力が無い訳じゃないと思う。
運や偶然だけで2シーズン連続で23得点を決められる程セリエAは甘くない。
難しい体勢からのゴールの方が多いという点を鑑みても、只者じゃないことはわかる。
ただ、ストライカーに絶対不可欠な“貪欲さ”が足りないのだ。
元来の性格が優し過ぎるというのもあるんだけど、それではストライカーは務まらない。

とは言え私はジラが好きなんだよ。
同い年というのもあるけど、やればできる子なだけにもどかしい。
今シーズンのカンピオナート、30試合出場12ゴールという数字は冷静に考えると決して悪い数字じゃない。
それでも信頼が薄いのはビッグマッチ、特にCLでの得点が極端に少ないからだ。
加えて、「ジラが得点した試合は勝てる」という信頼性もまだない。
プロのフットボーラーである以上、そしてストライカーである以上、ポジションと信頼と愛情は与えられるものではなく自分の力で勝ち取るもの。
ジラならできる、頑張れ。
  
d0094091_21565513.jpg

とりあえずこれぐらいまで髪伸ばせ。

[PR]
by sola_calcio | 2007-06-11 21:45 | NOTIZIE

それでも僕は蹴る

パト君かわいいよパト君。

どうも、日に日に姿勢が謙虚になってゆく(本当か?)ミラニスタ、solaでございます。
ヴィオラ戦はやっぱり放送無いみたいですね。
ヴィオラは普通に好きなチームなんで普通に見たいんですけど、またお前かぷらら。
しかしトーニとかパッツィーニ君とかヨルゲンセンとかウィファルシとかフレイとか、普段は好きなんだけど対戦するとなると胃が痛くなってくる。
ムトゥとかサンタナとかドナデルもいるしね。
そして監督は昨シーズンの最優秀監督に選ばれたばかりのプランデッリさん。
ペナルティ仲間でもあるし、どうかお手柔らかにお願いします(笑えない)。

さて、トリノ戦で自らネタを蒔いてしまったジラ君ですがコメントが出ましたよ。
あのPKの失敗でミラニスタ内のアンチ・ジラ派がますます勢力を拡大している模様ですが、狸さんはきっとこれからも使い続けるのだと思う。
私はそれでいいと思うし、監督には“使い続ける”という覚悟も必要。
ただ、アタッカンテが4人揃ってスランプに陥ることないじゃないか・・・。

以下、ガゼッタより。


ジラ;
「PKを獲得したら本能に従うべきだ。あの時僕は自分が蹴るべきだと感じたんだ。マレク・ヤンクロフスキがPKを任されている選手だったとしてもね。マレクと監督に僕が蹴ってもいいかと尋ねたんだ。何も問題は無かったよ。試合の後に監督と話す機会は無かったけど、マレクとはロッカールームに戻った後ちゃんと話した。繰り返しになるけど、こういうのは本能的に判断するものなんだよ。言葉では説明し難いんだけど。またPKを蹴るかって? もちろんだよ。パルマにいた時だって自分が獲得したPKは自分で蹴ってたし、いつも上手くいってたんだ。誰だってミスをすることはある。問題なのは、シーズンの重要な時期にそれが起こってしまったということ。僕たちにとって3ポイントを獲得することはとても重要なことだしあのPKは決定的なチャンスだった。プレイヤーがピッチの上で下した決断は尊重されるべきだと思う。僕は入れられると思った。そして失敗した。でも、またPKのチャンスがあれば僕は蹴るつもりだしチームメイトも任せてくれると思う。」
   

(追記)
ブロッキが良いこと言ってます。
acmilan.com
  
[PR]
by sola_calcio | 2006-12-13 22:47 | NOTIZIE

Aマッチデイは15日

今週は全部親善試合だと思ってたんですけどダリオはEURO予選だったのか。
頑張って来いよー。
アズはベルガモで試合なので月曜はサン・シーロでトレーニング。
その他はリッキー、オリベイラ、ヤンクロ、ヨアン(U-21)、セードルフがそれぞれ親善試合。
セードルフはEURO2004以来のオランイェ。
今更何なんだファン・バステンとも思いますが、本人が喜んでるからいいか。

みんな、怪我しないで帰って来てね。


セードルフ;
「この瞬間を長いこと待ってたんだよ。マルコ・ファン・バステンには自分のできる限りのことをすると告げた。チーム内でポジションを勝ち取るのは簡単なことじゃないけど、このチャンスを手に入れられただけでも嬉しいよ。」

ブロッキ;
「今回の召集は本当に嬉しいんだ。今までの努力と犠牲が報われたよ。皆にありがとうと言いたい、特にカルロ・アンチェロッティにね。土曜のローマ戦のゴールの後彼をハグしに行ったのは、彼への感謝を示す為に自然に出てきた行為なんだ。この難しい時期に彼が俺のことを信頼してくれているのには感謝してるし、一番俺に相応しいポジションで使ってくれてるからね。
ミランについてはどんな種類のクライシスにも陥ってはいないと思ってる。確かに今は克服すべき困難にぶち当たってるけど、人が“ロッソネリは年寄りの集まりだ”なんて言ってるのは聞きたくないね。他のチームの若い選手たちはロッソネリのカンピオーニの経験やクオリティの半分も持っちゃいない。
とにかくアッズーリへの招集という夢は叶った。呼ばれたからには先のことはあまり考えずに楽しむよ。ここ数年の間に培ってきたいつも通りの強さと謙虚さでドナドーニの構想に入れたら言うことないね。」

ジラ;
「ミランはすぐに新しい選手を買う必要は無いしそれが問題の根幹という訳じゃない。僕たちは結束力のあるグループだしとにかくそれをキープすることだ。ローマ戦では多くのチャンスを作ったけど運に見放されていた。今シーズンはチーム全体が団結してるよ。全員が本当にこの状況を打開したいと思ってるんだ。代表に戻れたことは確かに嬉しいよ。ここは特別な場所だし水曜日はプレイできたらいいね。」

ドナドーニ;
「ロッソネリはの選手たちはみんな経験豊富でこの難しい時期をどうすれば打開できるかを知っている。ミランは多くの犠牲を払ってはいるがクライシスに陥っているとは思わない。今は少し運が無いだけだ。」
   
[PR]
by sola_calcio | 2006-11-14 22:57 | NATIONALE

アンデルレヒト戦後のコメント

普段めったに特定の選手を褒めるということをしない狸さんですがそりゃ褒めすぎってもんよ。
まあ気持ちはわかるけどねっ。


ジラ;
「試合に勝ったし僕もゴールできたし、喜びは2倍だよ。デルビーの後で僕たちのスタイルを示すというのはとても重要なことだったし今日はそれができたと思う。カカはフェノメノだよ。選手としても人間としても本当に素晴らしいし真のカンピオーネだ。彼がああいうプレーを続けてくれる限りミランは安泰だね。確かに今シーズンは少し躓いたけど時間が経つにつれて状況は良くなってるし、どのトーナメントでもこういうプレーを続けていかないといけない。」

ブロッキ;
「会長からあんな賞賛をもらうなんて嬉しい限りだよ。彼からは去年も賛辞を貰ってたしそれが俺がミランに戻ろうと決めた理由のうちのひとつだ。ベルルスコーニは俺にとっても誇りだよ。今夜みたいな良い試合でプレイできて嬉しいね。アンチェロッティが俺をウィンガーとして使おうと真ん中で使おうとどっちでも構わない。どこでも仕事はできる。アルベルト・ジラルディーノは本当に点を欲しがってたしアシストできて良かったよ。俺たちにとってはスタートが重要だった訳だけどそれも上手くいった。いくつか苦しい場面もあったけどよく頑張った。本当に嬉しいよ。」

狸さん;
「カカは現時点で世界最高の選手だ。彼はシンプルに効率的に並外れたことをやってのける。地球上で最も決定的な仕事をする選手だ。ロナウジーニョを含め、カカより良い選手は誰もいないだろう。ジラルディーノの1点は恐らくカカの3点より重要なものだ。我々は長いことこの瞬間を待っていたんだ。今週はセリエAでもチャンピョンズ・リーグでも点を取ったし本来の調子を取り戻しただろう。
会長と私は共に非常にファンタスティックなチームを作っている(ジョークですよジョーク)。グループリーグ突破はほぼ決まったようなものだしこれが私の望んでいたことだ。グループの首位に立つというのは重要なこと。カンピオナートではあまり調子が良くないがチャンピョンズ・リーグでは本当に良くやっている。とは言えどの試合も注意深く臨まなくてはならない。例えば今夜、マンチェスター・ユナイテッドが敗れるというようなこともあったわけだからね。
早い時間帯に得点することができたしチームが私が望んだとおりのことをしてくれた。ディフェンダー(カハとネスタのことね)の負傷もあったし守備のことは意識せざるを得なかったがね。3対1になった時の状況はとても満足できるようなものじゃない。最初は攻撃面に問題があったが今は守備に問題があると言える。
ミランはチャンピョンズ・リーグのことだけを考えている訳ではない。カンピオナートも我々の目標に入っている。ゆっくりではあるが進歩しているし、今はとにかく先のことは考えずに1試合1試合に集中している。すぐに本調子に戻す為にはその方が良い。」
  
[PR]
by sola_calcio | 2006-11-03 01:12 | INTERVISTA

HEADS HELD HIGH

こらグーリー、余計なこと言うでないよ。
人がせっかく思考の深みから這い上がろうとしてんのにさー。

そう言えばこれまで書いてませんでしたが、今シーズンの赤黒を見ていく上での私の目標は「批判をしないこと」。
だからこそデルビーについても詳しくは書かなかったんですが、やっぱりどうしてもダメな方ばっかりに目がいってしまう訳で。
その点サン・シーロのミラニスタの態度というのはいつも素晴らしくて、見習わないといけないなぁ。

そんなデルビーにもプラスの要素はあった訳で、後半で見せてくれた意地は文句無しに素晴らしかった。
何よりもジラがダークサイド(暗黒面)から抜け出すきっかけを掴めたのは大きい、と思う。
元々まとめ取りするタイプなんでこれで覚醒してくれたらいいんですけどね。


ジラ;
「デルビーでやっと僕もスタートが切れたって感じだけど、得点した時はそのことはあまり考えてなかった。難しい状況だったし、とにかく早くリスタートして点を取りに行きたかったんだ。残念ながら結果には繋がらなかったけど、僕たちは最後まで全力でそれをしようとした。4-1の時点でも何も諦めていなかったし信じられないような試合だった。でも前進する為の何かを手にした。
僕のゴールはとても重要なものだ。ストライカーにとってはどのゴールもそうだけど、特にデルビーで取ったものなら尚更だよね。今大切なのは水曜日のチャンピョンズ・リーグの試合とその後のアタランタ戦に向けての準備をしっかりとすること。ひとつひとつの試合に集中しないといけない。
今日のミラネッロではそんなに多くの会話は無かった。ただ監督はデルビーについて少しだけ話をしていた。試合はとても苦しかったけど後半に見せたプライドや団結力、意地、ハートは素晴らしかった。もしそれを続けることができたら状況は打開できるだろうってね。」

d0094091_2246037.jpg

   
[PR]
by sola_calcio | 2006-10-30 22:44 | INTERVISTA

信頼の証

最近やっと“シェバの不在”を考えなくなってきたというのにカハが「シェバがいなくて寂しい・・・」なんてことを言うもんだから私もまた思考の深みにはまっていたのですが、いい加減私も女々しいですね。
そんな中嬉しいニュース。

ジラが2011年まで契約を延長しました。
ピッポやカハの時もそうでしたが、どうも選手が苦しんでいる時に契約延長の話を切り出す傾向があるようですね、赤黒は。
ジラもね、1つ決めれば止まらなくなるタイプなんで後はきっかけだけなんですよ。
この延長でまたモチベーションも上がるだろうし、周りの皆もフォローしてあげてね。


ジラ;
「昨日サインしたんだけど、クラブから僕への確かな信用の証だから嬉しいよ。ミランに来るという去年の選択は正しかったんだ。この信用に応える為に、僕にできる限りの全てのことをするつもりだ。この契約延長は点が取れないこの難しい時期を克服する為の原動力になるよ。」
   
[PR]
by sola_calcio | 2006-10-01 00:03 | NOTIZIE
line

再び開店休業。生存確認はTwitterで。


by sola_calcio
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31