CALCIO馬鹿のたわ言。

forzamilan.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:RUGBY( 27 )

フランス戦の22人

どうなることやら怖くて仕方が無いフランス戦のメンバーです。
おっ、お手柔らかにお願いしますねおフランスの皆さま。


Questo il XV: 15 Marcato; 14 Robertson, 13 Canale, 12 Mirco Bergamasco, 11 Galon; 10 Masi, 9 Picone; 8 Parisse (capitano), 7 Zanni, 6 Sole; 5 Bortolami, 4 Del Fava; 3 Castrogiovanni, 2 Ghiraldini, 1 Lo Cicero

A disposizione: 16 Ongaro, 17 Nieto, 18 Perugini, 19 Erasmus, 20 Travagli, 21 Patrizio, 22 Sgarbi
[PR]
by sola_calcio | 2008-03-08 23:21 | RUGBY

Chiedo scusa a tutti


今月の27日にシックス・ネイションズの懲罰委員会によって下された厳しい処分に関して、僕のとった行動について僕自身の口から明確にさせてもらいたい。僕は彼を傷つけるつもりは全く無かった。どんなに多くの勝利を知っていても、それはラグビーやスポーツの価値や原則を映し出しているということにはならない。それをできるだけ早くフィールドの上で見せることが、僕のやるべきことなのだと思う。リー・バーン、そしてファンや応援してくれている関係者のみんな、チームメイト、僕のクラブのスタッド・フランセやイタリアラグビー協会、そして傍で僕を支えてくれているみんなに謝りたい。
                                        (2008/02/28)

というのがベルガマスコ兄弟のサイトに掲載されたマウロ兄貴の詫び状です。
かなり怪しい訳なので正確性については如何とも言い難いのですが、大体こんなことを書いているのだと思う。
「どんなに多くの勝利を知っていても・・・」のくだりはカルチョファンとしても身につまされると言うか何と言うか。
まだこんなことが言える世界だからこそ、私もラグビーに惹かれるのかもしれません。
やってしまったのはやってしまったんだから仕方ないんだけど、13週間はやっぱりちょっと厳し過ぎるよなぁ。
せめて期間短縮とかぐらいどうにかならないかな。
[PR]
by sola_calcio | 2008-03-03 23:16 | RUGBY

マウロ暴発

マウロのシックス・ネイションズが終わってしまいました。
ウェールズ戦の終了間際、リー・バーンの挑発にまんまと乗って目を突いてしまい、13週間のサスペンションを食らいました。
シックス・ネイションズどころか今シーズンそのものが終わってしまったということになるのですが、アッズーリとしては「訴えてやるー!」という勢いらしい。
所属クラブのスタッド・フランセの会長、Max Guazziniさん(最初おもっきしイタリア語読みしてしまいましたが、“グアジニ”と読むらしい。参考:「塔とゆりかご」様)も「いくらなんでも重過ぎる。こんなに長い出場停止処分は選手にとってもクラブにとってもとんでもない不利益だ」とご立腹のご様子。
まあ確かに重過ぎる処分のような気はしますが。

挑発の乗ってしまったのは事実とは言え熱いハートがマウロ兄貴の最大の魅力な訳で、それが無くなっちゃったらマウロがマウロじゃなくなっちゃうしなぁ。
判断が難しいところではありますが、恐らく出場停止期間が短縮されて終結、ということになるのではないでしょうか。
それにしても、マウロがいないアッズーリなんて・・・(つД`)

という訳で9日のフランス戦の招集メンバーです。
マウロが抜けた左フランカーにはデル・ファーヴァが入りそう。


Questo l'elenco dei convocati:

Mirco BERGAMASCO (Stade Francais)
Marco BORTOLAMI (Gloucester RFC)
Gonzalo CANALE (Clermont-Auvergne)
Martin CASTROGIOVANNI (Leicester Tigers)
Carlo Antonio DEL FAVA (Ulster)
Jacobus ERASMUS (Montepaschi Viadana)*
Alessio GALANTE (Rolly Gran Parma)
Ezio GALON (Overmach Cariparma)
Leonardo GHIRALDINI (Cammi Calvisano)
Andrea LO CICERO (Racing Metro Paris)
Andrea MARCATO (Benetton Treviso)
Andrea MASI (Biarritz Olympique)
Carlos NIETO (Gloucester RFC)
Fabio ONGARO (Saracens)
Sergio PARISSE (Stade Francais) - capitano
Enrico PATRIZIO (Carrera Petrarca Padova)
Salvatore PERUGINI (Stade Toulousain)
Simon PICONE (Benetton Treviso)
Tommaso REATO (Femi-CZ Rovigo)
Kaine Paul ROBERTSON (Montepaschi Viadana)
Alberto SGARBI (Benetton Treviso)
Josh SOLE (Montepaschi Viadana)
Pietro TRAVAGLI (Overmach Cariparma)
Alessandro ZANNI (Cammi Calvisano)
[PR]
by sola_calcio | 2008-03-01 01:07 | RUGBY

【III giornata】 WALES 47-8 ITALY

ウェールズの得点が33点になった時点でもー寝ましたよわたしゃ。
アイルランド戦とイングランド戦ではあんなに良いプレイしてたとゆーのに。

チーム全体の出来がアレだったってのももちろんあるけど、気になったのはやっぱり悩ましい顔した悩ましいマルカート君の悩ましいキックであった。
マレット(段々ジョージ・クルーニーに見えてきた)の言う通り、前半は上手いこと試合をコントロールしてたとは思うけど、こうなってみるとボルトルッシがどれだけ貴重な存在だったのかが身に染みますなぁ。
まあ言っても詮の無いことなので、今日からまたみんなしてキック練習に励むと思われ。

フォワード対決でも勝てなかったのが辛かった。
ホームのウェールズはスタンドの後押しもあって気合入りまくり。
ここ数年ウェールズに勝てていたイタリアは多少慢心もあったんじゃないかな。
こういうところもイタリアっぽいっちゃイタリアっぽいんだけど。

Rampant Wales outclass Italy (rbs6nations.com)
Sei Nazioni, brutta Italia, Il Galles la travolge 47-8 (gazzetta.it)

d0094091_1647950.jpg

八の字眉な上に、眉と目の間の面積が狭いから余計に情けない顔に
見えちゃうマルカート君なのであった。

[PR]
by sola_calcio | 2008-02-24 16:49 | RUGBY

ウェールズ戦の22人

なんかもー眠くてイタリア語の解読ができないのでとりあえずメンバーだけ。
ボルトルッシの欠けたフルバックには24歳のマルカートが入ります。
ブーゾ君の出番はあるんでしょうか。


Questo il XV: 15 Marcato; 14 Sgarbi, 13 Canale, 12 Mirco Bergamasco, 11 Galon; 10 Masi, 9 Picone; 8 Parisse (capitano), 7 Mauro Bergamasco, 6 Sole; 5 Del Fava, 4 Dellape'; 3 Castrogiovanni, 2 Ghiraldini, 1 Perugini

A disposizione: 16 Festuccia, 17 Lo Cicero, 18 Bortolami, 19 Zanni, 20 Travagli, 21 Buso, 22 Patrizio
[PR]
by sola_calcio | 2008-02-23 00:47 | RUGBY

ウェールズ戦に向けて、差し替え

ボルトルッシがモンペリエでのトレーニング中に右肩を負傷、復帰まで約1ヶ月とのこと。
ということでボルトルッシの今年のシックス・ネイションズが終わってしまいました。
代わりに招集されたのは22歳のパオロ・ブーゾ。
ロバートソンも筋肉トラブルで離脱、代わりにアレッシオ・ガランテが呼ばれています。

改めて、ウェールズに向かう24人。


Mauro BERGAMASCO (Stade Francais)
Mirco BERGAMASCO (Stade Francais)
Marco BORTOLAMI (Gloucester RFC)
Paolo BUSO (Cammi Calvisano)
Gonzalo CANALE (Clermont-Auvergne)
Martin CASTROGIOVANNI (Leicester Tigers)
Carlo Antonio DEL FAVA (Ulster)
Santiago DELLAPE' (Biarritz Olympique)
Carlo FESTUCCIA (Racing Metro Paris)
Alessio GALANTE (Rolly Gran Parma)
Ezio GALON (Overmach Cariparma)
Leonardo GHIRALDINI (Cammi Calvisano)
Andrea LO CICERO (Racing Metro Paris)
Andrea MARCATO (Benetton Treviso)
Andrea MASI (Biarritz Olympique)
Carlos NIETO (Gloucester RFC)
Sergio PARISSE (Stade Francais) - capitano
Enrico PATRIZIO (Carrera Petrarca Padova)
Salvatore PERUGINI (Stade Toulousain)
Simon PICONE (Benetton Treviso)
Alberto SGARBI (Benetton Treviso)
Josh SOLE (Montepaschi Viadana)
Pietro TRAVAGLI (Overmach Cariparma)
Alessandro ZANNI (Cammi Calvisano)


喜びを隠せないブーゾ君;
「今朝はカルロ・ケキナートからの招集を知らせる電話で起こされたんだ。ダヴィドのことは残念だしこの招集には大きな責任が伴うけど、準備はできてるよ。こんな経験ができるなんて、本当に嬉しい。彼の役割をカヴァーするのは難しい仕事だ。僕から見てもダヴィドは良いプレイをしてたしね。15番のユニフォームを着てプレイするというのは楽なことじゃない。ミスだって起こり得る。
僕の家族はこうなるって予想してたみたいなんだ。そして今朝、実際にそれが起こった。両親のロベルトとパオラは僕が知る前に新聞でそれを知ってたんだけど、僕には教えてくれなかった。彼らは喜んでるよ。僕は子供の時からフルバックでプレイしてる。ラグビーは6歳の時に始めたんだ。父と兄がラグビスティだから他の選択肢は無かったんだ。今は母もこのスポーツを見て感動してるよ。(後略)」


ボルトルッシのプレイスキックが見れなくなっちゃったのは残念だけど、これだけ無邪気に喜ばれちゃったら何か憎めないなぁ。
気になるキックの技術については“ただ今進化中”らしい・・・一抹の不安。
[PR]
by sola_calcio | 2008-02-16 00:57 | RUGBY

ウェールズ戦に向けて

23日のウェールズ戦に向けて、招集メンバーが発表されました。
ボルトラーミが帰ってきたよ、というこでトンマーゾ・レアトがはずれました。


Questi gli atleti convocati:

Mauro BERGAMASCO (Stade Francais)
Mirco BERGAMASCO (Stade Francais)
Marco BORTOLAMI (Gloucester RFC)
David BORTOLUSSI (Montpellier)
Gonzalo CANALE (Clermont-Auvergne)
Martin CASTROGIOVANNI (Leicester Tigers)
Carlo Antonio DEL FAVA (Ulster)
Santiago DELLAPE' (Biarritz Olympique)
Carlo FESTUCCIA (Racing Metro Paris)
Ezio GALON (Overmach Cariparma)
Leonardo GHIRALDINI (Cammi Calvisano)
Andrea LO CICERO (Racing Metro Paris)
Andrea MARCATO (Benetton Treviso)
Andrea MASI (Biarritz Olympique)
Carlos NIETO (Gloucester RFC)
Sergio PARISSE (Stade Francais) - capitano
Enrico PATRIZIO (Carrera Petrarca Padova)
Salvatore PERUGINI (Stade Toulousain)
Simon PICONE (Benetton Treviso)
Kaine Paul ROBERTSON (Montepaschi Viadana)
Alberto SGARBI (Benetton Treviso)
Josh SOLE (Montepaschi Viadana)
Pietro TRAVAGLI (Overmach Cariparma)
Alessandro ZANNI (Cammi Calvisano)


ちなみにニック・マレットはこの試合の次の週に行われるミラン対ガナーズの試合をサン・シーロで観戦する予定だとか。
ミランのブラジリアンズがお気に入りだそうです。
この一言で一気に好きになったわ(笑)。
[PR]
by sola_calcio | 2008-02-13 22:12 | RUGBY

日常に飽きたらラグビーを見よう

イタリアでもラグビー人気が上がってきてるらしいよ、というお話。
日曜日のイングランド戦ではフラミニオのスタジアムに30,626人のファンが詰め掛け、セリエAの試合でこれを超えたのはミラン対シエナ@サン・シーロの51,552人と、ローマ対レッジーナ@オリンピコの31,635人の2試合だけだったらしい。
ハコのキャパにもよるし、そもそも違う競技と比べるってどーなのという気はますが、こういうネタが出てくるということ自体、注目度が高くなってきているということであろう。

またLa7によると、テレビでこの試合を観戦したのは平均で約102万人で、アイルランド戦の約139万人に続いて好調さをキープ。
イタリアのテレビ事情というのがよく分からないので何とも言えませんが、同じ時間帯にセリエAの試合があったことを考えたら素晴らしい結果とのこと。

私がラグビーのアッズーリを追いかけ始めたのは何を隠そう去年のワールドカップからだし、そもそもラグビーというものをまだまだ理解できてないんだけど、ワールドカップと比べても今のアッズーリは進化している、と思う。
魅力的な選手もいるし(外見だけじゃないですよモチロン)、1試合ごとに成長していく様がわかるというのは見ていて楽しい。
パリセやマウロ(ベルガマスコ兄)なんかがTIMES紙の選ぶ週ごとのベストXVに選ばれるようになったし、外部からの評価も少しずつ高くなってきております。
まあパリセ本人は「そんな評価を貰うよりもとにかく勝ちたかった・・・(超意訳)」なんて言っておりますが、それだけ勝ちたかったんだろうなぁ。
アイルランド戦もイングランド戦も、もうちょっとでいける!ってとこまではいってたしね。
スロースターターなところをどうにかしたら、もっと面白くなると思うな。

という訳で皆さん、たまにはラグビーなんぞ見てみませんか。
単純な話、屈強な男たちが共同作業でひとつのボールを運ぶ姿はグッとくるもんですよ。

Parisse, uomo del weekend, Solo il Milan batte il rugby (gazzetta.it)

d0094091_17273.jpg

上がパリセ。頭髪の量と色気は比例しないということを身をもって証明している男。


La7のサイトにトロンコンのブログなんてのがあったー。
[PR]
by sola_calcio | 2008-02-13 00:48 | RUGBY

イングランド戦の22人

シックス・ネイションズ、次はイングランドです(あーこわ)。
見所はウィルキンソンとボルトルッシのキッカー対決、って書いてて自分で悲しくなってきた。
アイルランド戦でミスが多かったボルトルッシについては案の定メディアが色々と騒いでるんだけど、「イタリアにはオガーラやウィルキンソンはいないんだから・・・」とはマレット談。
まあ、こればっかりはしょうがないわな。

以下、イングランド戦のメンバー。
左のウィングがカナヴォジオからゴランに代わってる以外はアイルランド戦と同じです。


Questo il XV: 15 Bortolussi; 14 Robertson, 13 Canale, 12 Mirco Bergamasco, 11 Galon; 10 Masi, 9 Travagli; 8 Parisse (capitano), 7 Mauro Bergamasco, 6 Sole; 5 Del Fava, 4 Dellape'; 3 Castrogiovanni, 2 Ghiraldini, 1 Lo Cicero.

A disposizione: 16 Festuccia, 17 Perugini, 18 Nieto, 19 Zanni, 20 Picone, 21 Marcato, 22 Sgarbi
[PR]
by sola_calcio | 2008-02-06 23:38 | RUGBY

【I giornata】 IRLAND 16-11 ITALY

わたしゃもう疲れましたよ。
終盤の20分、特に最後の10分は時間が物凄く長く感じられる白熱ぶりでした。
もしかしたらいけるかも・・・と思わせてくれたけど、チームの完成度は例えミスが頻発してもアイルランドの方が上なのかな。
でも今のイタリアは若いチーム、この試合の中でもどんどん進化していたような気がします。
これからの試合が楽しみです、って偉そうなこと言ってるけど詳しいことはまだ全然わからなので勉強しますですハイ。

とりあえず知らない選手が増えているのでとりあえず顔と名前を一致させるところから始めよう。
アシスタントコーチとしてトロンコンの姿が見れるのが嬉しいですね。

Italia, Parisse non basta, L'Irlanda trionfa 16-11 (gazzetta.it)
L'Irlanda batte l'Italia 16-11, Azzurri sconfitti con onore (quotidiano.net)


この期に及んで宿題を増やしてどーするんだ、と自分でもよくわかってるんですが、この記事は是非読みたいと思う。
歴史とか国同士の複雑な事情が絡んでくるからいい加減なことは書けないし、時間はかかると思うけどまあマイペースにゆっくりいきますよ。
せめて英語の記事が見つかればいいんだけど・・・。

Bono, il rugbista del rock, "Solo qui un'Irlanda unita" (gazzetta.it)
[PR]
by sola_calcio | 2008-02-03 01:35 | RUGBY
line

再び開店休業。生存確認はTwitterで。


by sola_calcio
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30